ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

シャンクの原因

シャンクの原因は様々あります。

 

代表的なシャンクの原因を幾つか挙げますので、
貴方のスイングの癖と照らし合わせながら原因を探ってみてください。

 

極端なインサイドアウト

インサイドアウトのスイングが強すぎると、フェイスが開いたままインパクトを迎えるとネック部分からボールにヒットしてしまい、結果シャンクになってしまいます。
シャンクの原因の1つにフェイスが開きすぎていることがありますので、インパクトまでのスイングをスローで再現し、インパクト時のフェイスの向きを確認してみてください

 

右肩が下がる

インパクト時に右肩が下がるとグリップがアドレス時より浮く為、シャンクの原因になります。
右肩が下がると必然的に左肩があがるのですが、正しいスイングはアドレス時の左肩の位置がインパクトまで同じ位置でキープされます。
ですので、右肩が下がる方は左肩の位置をキープするイメージでスイングをしてください。

 

 

右膝が前にでる

ダウンスイングからインパクトにかけて右膝がボール前にでるとシャンクの原因になります。
右膝は左膝に引き寄せるイメージにすると右膝がでなくなります。

 

 

体重が前傾すぎる

ダウンブローを意識しすぎると打ち込もうとして体重が前傾になります。
上から打ち込む意識が左側のスエーに繋がり、且つ重心が前に傾きます。
スエーすることでフェイスが開き、重心が前傾になることでボールに近づきますのでシャンクの原因になります。

 

左脇が開く

左脇はアドレス時からフォロースルーまで閉じているのが基本です。
左脇が開くとアドレス時のグリップの位置から浮くことになるので、極力左脇はしめてください。
左脇の意識が強すぎると、インパクト時に右肩が下がることがありますので注意してください。

 

ボールに近づきすぎている

練習場でボールを打っていると無意識のうちにボールに近づいていることがあります。
連続してボールを打つのではなく、1球ごとにアドレスを確認してください。

 

上体が伸び上がる

ダウンスイングの際に、力が入り過ぎたときに良く起こるのが上体の伸び上がりです。
アドレスの時の前傾姿勢をキープできずに上体が伸び上がると結果としてグリップが浮いてしまう場合があります。
右肩が下がる症状と併発される方が多いのでアドレスの前傾姿勢をできるだけキープするようにしましょう。

 

シャンクの直し方はこちら