ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

寄せでシャンクが出る原因

アプローチでシャンクが出る原因はラインを出そうとしすぎて

 

手打ちになりスイング軌道が乱れる
左脇が開いてしまう
インサイドに引きすぎてしまう

 

ことが考えられます。

 

特にアプローチの際はオープンスタンスになることが多く、
オープンスタンスでインサイドにクラブを引いてしまうとダウンスイングの際に
クラブの抜け道がなくなりアウトサイドにクラブが行きやすくなります。

 

無理矢理軌道を戻そうとして左脇が開いたり、ボールに当てにいこうとして軌道がずれたりと
シャンクがでる要素が増えていきます。

 

アプローチでシャンクを防止するには、ラインを意識しすぎずに
ゆったりとしたリズムでスイングすることが大切です。

 

バックスイングもボールに対してまっすぐにクラブを引くようにしましょう。

 

シャンクの直し方はこちら