ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

ミドルアイアンでシャンクが出る原因

7Iや6I、5Iでシャンクが出る原因の1つに、

 

ダウンスイングでクラブが寝る

 

というのがあります。

 

クラブが寝るというのは、コックが早く解けすぎる状態で
インサイドからクラブがおりてきます。

 

テイクバックで正しくクラブを引けていても、ダウンスイングの際に
クラブが寝てしまうと結果としてインサイドアウト軌道になってしまいます。

 

プロのスイングをみるとダウンスイングからインパクトにかけてクラブがまっすぐに立っており、急角度でクラブがおりてきてインパクトしていますが
クラブが寝た状態だとボールの遥か手前でヘッドが垂れてきて体が開きぎみになり正しいインパクトができません。

 

クラブが立っている状態を「溜めがあるスイング」といいますが、
アマチュアゴルファーは溜めができずに、クラブが寝てしまう傾向にあります。

 

クラブを立てる為の練習方法

 

コックを解かないでスイングするイメージを体に覚えさせます。

 

まず、まっすぐ立って前習えのイメージでクラブを上に立てて持ちます。

 

クラブと腕の角度は90度にします。

 

そのままの体制で右、左に体を捻ってスイングをします。

 

次に、クラブと腕の角度は90度を維持したまま体を少し前傾にして
右、左に体を捻ってスイングします。

 

最後に通常のスイングをするスタンスにして、グラブと腕の角度も打ちやすい角度にします。

 

コックは終止終止維持するイメージで実際にボールを打ってみてください。

 

コックが解けるのが遅くなり、結果的にクラブが立ちやすくなります。

 

その他にも、ボールの右手前にタオルやヘッドカバーを置いて、手前を打たないように
する練習と組み合わせるのもおすすめです。

 

シャンクの直し方はこちら