ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

ドライバーがシャンクする原因

ドライバーがシャンクするという方がいらっしゃるかもしれませんが、
基本的にドライバーは根元に当たってシャンクすることはありません。

 

ドライバーが右に飛び出す原因として考えられるのは

 

ドライバーの先(トゥ)部分にボールがヒットしている可能性が高いです。

 

ドライバーのトゥにボールが当たる原因は

 

 

アドレス時に体とクラブが離れすぎている
ダウンスイングで体が伸びきっている

 

事が考えられます。

 

まず、アドレス時に体とクラブ(グリップ)が離れすぎると
ダウンスイングで体とクラブの位置をキープするのが難しくなり、
クラブの先(トゥ)に当たったり、下に当たったりなど様々なミスの原因となります。

 

体とクラブの位置をキープできる方は特に問題ありませんが、
ダウンスイングの時にクラブを体に引きつける動作が入るとトゥ側にヒットしやすくなります。

 

ただ、ダウンスイング時にクラブを体に引きつける動作は間違っていませんので、
アドレス時に体とクラブの距離を正しくすればミスは解消されます。

 

正しい体とクラブの距離は、アイアンで拳1個分、ドライバーで拳2個分が目安となります。

 

ドライバーが右に急角度で曲がってしまう場合は、体とクラブの位置を再確認してみてください。

 

次に、ダウンスイングで体が伸びてしまうと
アドレス時のボールとクラブの位置からインパクト時のボールとクラブの位置がずれてしまいます。

 

アドレス時は前傾姿勢でも、ダウンスイングから体が伸びてしまうとクラブの先にボールが
ヒットしやすくなりますので前傾姿勢をインパクトまでキープするように注意しましょう。

 

 

正しいスイングを身につけなければトラフルショットは再発する!?
正しいゴルフスイングの方法