ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

アイアンのダフりを直す方法

ドライバーがフェアウェイに飛んで、絶好の位置からのセカンドショット。

 

パーオンのチャンス!ついつい力が入ってダフってしまう事があると思います。

 

ダフりの原因と直し方をチェックしてパーオン率をアップさせていきましょう!

 

ダブりの原因

 

アイアンのダフりには2パターンあります。

 

クラブを上から叩きつけて地面に刺さるパターン
インサイドからクラブが垂れてきて手前を叩くパターン

 

それぞれの原因をみていきましょう。

 

 

クラブを上から叩きつけるのはダウンブローの意識が強すぎたり、
アウトサイドイン軌道がきつすぎたりするのが原因となります。

 

また、鋭角にインパクトゾーンに入るすぎるとミスヒットする可能性が高くなりますので、
上から叩き付けるのではなく、なだらかにインパクトゾーンを長くするイメージでスイングするように気をつけてください。

 

次に、インサイドからクラブが垂れてきて手前を叩くのは中級者から上級者におおいミスです。
インサイドアウト軌道でコックが解けるのが早すぎてクラブ垂れて降りてきてしまい、
結果として手前をダフってしまいます。

 

アドレス時の手首の角度をインパクトまでキープするように意識してください。

 

 

正しいスイングを身につけなければトラフルショットは再発する!?
正しいゴルフスイングの方法