ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

ドライバーのダフりを直す方法

何回やっても1ホール目のティーショットは誰でも緊張しますよね。

 

気づかないうちに肩に力が入ってドライバーをダフってしまった・・・

 

経験をされた方は少なくないはずです(笑)

 

ドライバーはアイアンと違って払って打つイメージですので、普通に打てばダフる事はないはずです。

 

でも普通じゃない事がおこるのがゴルフ。

 

ドライバーのダフりの原因をしっかり認識し、1ホール目からナイスショットしちゃいましょう!

 

ドライバーがダフる原因

 

ドライバーがダルる原因は主に2つあります。

 

飛ばそうと力みすぎてスイング軌道が乱れてしまう。
ボールを上げようとして右肩が下がりすぎてしまう。

 

 

まずドライバーを持つと力みすぎてしまう場合は、
クラブをワングリップ余らせて短く握るようにしましょう。

 

アマチュアの場合、ドライバーは長く持つより短く持った方が飛距離が出る傾向にあります。

 

短く持つメリットとして

 

コンパクトにスイングできる → 力みにくい
ミート率がアップする → 飛距離が出やすい

 

という2点があげられます。

 

ドライバーでついつい力んでダフったりミスしてしまう方は、ワングリップ短めに持つ事をおすすめします!

 

 

次にボールを上げようとして右肩が下がりすぎてしまう対処法ですが、
ドライバーは平行に打ってもロフト(フェイスの角度)があるのでボールが上がる仕組みになっています。

 

右肩を極端に下げてボールを上げようとする方は、上から打ち込む癖があったり手首を使いすぎてフェースが被ったりとそもそも平行に打てていない可能性が高いです。

 

平行に打てているかチェックする方法として、ゆっくりスイングしてどういう動きをしているか確認するのがおすすめです。
宮里藍の太極拳スイングを参考にされるといいと思います。

 

ゆっくりスイングする事で打ち込み過ぎとか、手首を使い過ぎなどに気づく事ができます。

 

スタンスを変える事でボールを上げるのではなく、正しいスイングを身につけてボールを上げるようにしましょう。

 

 

正しいスイングを身につけなければトラフルショットは再発する!?
正しいゴルフスイングの方法