グリップでスライスを解消

グリップでスライスを解消する方法

スライスの原因の1つにグリップの握り方があります。

 

スライスを矯正するには、「グリップの握り方」を直すだけでアドレスやスイングそしてインパクトまで大きく変わり、
スライスを矯正することできます。

 

フェースが開きやすいスライサーの方は、フックグリップで握る事をおすすめします。

 

フックグリップとは、左手を少し内側に絞って握るグリップです。

 

正しいフックグリップの目安は上から左手をみて拳が2つ分(ひと指し指と中指)が見える位置です。

 

右手グリップは、絞って握った左手のひらに合わせるようにグリップします。

 

このグリップにより、アドレスで右肩が前に出たり、左肘よりも右肘の位置が高くなるので誤ったアドレスが修正できます。

 

また、フックグリップにする事でテークバックでフェースが開きにくくなるメリットもあります。

 

スライスを解消する為には、フェースを開きにくくする事が重要で、
グリップをフックグリップにする事で、テークバックからインパクトまでフェースを閉じた状態で維持しやすくなります。

 

ご自分のグリップを確認して上からみて左手の拳が1個しか見えない場合は、ウィークグリップの可能性が高いので、
最低でも拳2個分が見えるまで絞って握るように意識してみてください。

 

 

正しいスイングを身につけなければトラフルショットは再発する!?
正しいゴルフスイングの方法