ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

左脇を締めてシャンクを直す方法

シャンクの原因は様々ありますが、ダウンスイングで左脇が開くとゴルフクラブが
スタンス時の位置に戻ってこずにシャンクする原因になります。

 

左脇が開いてしまう原因は

 

ボディーターンが出来ていない
手打ちになっている

 

ことがあげられます。

 

ボディーターンと手打ちはここではほぼ同じ意味を指していますが、
打ち急いだり力んだりしていると体の回転とクラブが降りてくるタイミングが合わずに
左脇が開いてしまう原因になります。

 

ボディーターンの練習方法として一番手軽なのは左脇にタオルやヘッドカバーを挟んで
スイングする練習です。

 

他にも両腕の間に小さなボールを挟んで素振りをしたり、クッションを持って放り投げる
練習方法などもあります。

 

しかし、私が実践した中で一番いい方法は、意識を変える練習方法です。

 

スイングの際に全身の力を出来るだけ抜いて、意識を左脇に集中させます。
初心者の方は腕を使ってテイクバックする方が多いと思いますが、左脇、左肩を使ってテイクバックを始動します。
このとき腕の力は殆ど使わない方がいいです。

 

やってみるとわかると思いますが、左脇と左肩だけで捻転しようとすると、
クラブがそこまで上にあがりません。

 

でも、テイクバックは小さい方がミート率がアップしていいのです。

 

ビデオに撮ってみるとわかりますが、初心者の大半はオーバースイングになっています。

 

いつもよりクラブが上に上がらないから飛距離が出ないと勘違いされるかもしれませんが、
芯に当たればテイクバックが小さくても飛距離が落ちる事がありません。

 

正しいボディーターンを身につける事で、オーバースイングの防止になり、
左脇がしっかりしまり、ダウンスイングでクラブを体に引きつける事ができるようになります。

 

左脇が開くのはボディーターンが出来ていないからで、ボディーターンを身につければ
左脇がしまり結果としてシャンクが出なくなります。

 

シャンクだけを直そうとしても必ず再発しますので、正しいスイングを身につけるようしましょう

 

 

正しいスイングを身につけなければトラフルショットは再発する!?
正しいゴルフスイングの方法