ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

スタック&チルトでシャンクが出た時の対処法

タイガーウッズやマキロイ、石川遼君が実践している、話題のゴルフ理論
左一軸理論、スタック&チルトですが、やってみるとシャンクが出るという方が大勢います。

 

実は私もスタック&チルトに飛びついてスイング改造したのですが、
最初のうちはシャンクが止まらなくなり焦った記憶があります。

 

スタック&チルトにするとシャンクが出やすくなる理由は

 

左足に体重を乗せすぎて前傾姿勢になりすぎる
インサイドにクラブを引ききれずに中途半端なインサイドアウト軌道になる
インパクトに時に左足を伸ばす動作ができていない

 

事があげられます。

 

まず、左足に体重を乗せすぎて前傾姿勢になってしまうですが、
スタック&チルトの場合、テイクバックで体重移動をせずに捻転をするため、
クラブを後ろに引くにつれて、左膝が前に出て右足が伸びていく動きになります。

 

この時に、左足体重を意識しすぎると左膝が前に出ると同時に前傾姿勢も強くなってしまう人がいます。(私です)
前傾姿勢が強いままインパクトを迎えると当然ボールの奥にクラブが戻ってきてしまうため、シャンクが出てしまいます。
スタック&チルトのメリットは軸がぶれない事ですが、最初は一軸をぶらさずに捻転するのは難しいです。
軸は左足に残っても、体重は前になってしまうケースがありますので注意してください。

 

次にインサイドにクラブを引ききれずに中途半端なインサイドアウト軌道になるです。
スタック&チルトで一番違和感を感じるのがテイクバックで思いっきりインサイドにクラブを引く事だと思います。

 

左側に重心を残したまま捻転するので、思いっきりインサイドに引かないと十分な捻転できないのですが、
普通のスイングからスタック&チルトに改造しようとすると、インサイドに引ききれずに中途半端なインサイドアウト軌道になり
ダウンスイングの際にグリップが浮きやすくなり、結果としてシャンクが出やすくなります。

 

左股関節に軸を残しつつ思いっきりインサイドにクラブを引いて捻転するようにしましょう。

 

最後にインパクト時に左足を伸ばす動作についてですが、
スタック&チルトはテイクバックの際に左膝が前に出て右ひざが伸び上がっていきます。

 

ダウンスイングの際は前に出ている左膝がインパクトにつれて伸び上がっていきます。
通常のスイングでは左膝が伸び上がる事はNGとされていますので、スタック&チルトを実践すると
左膝を曲げたままインパクトしようとしますが、前傾姿勢になっているためそのままインパクトするとシャンクしてしまいます。

 

タイガーウッズやマキロイのインパクトを見てもわかると思いますが、
左膝はインパクト時に伸びています。

 

インパクトの際に膝を伸ばすと通常であればアウトサイドイン軌道になりやすいですが、
スタック&チルトではテイクバックでインサイドにクラブを引くので問題ありません。

 

スタック&チルトを実践してシャンクなどのトラブルに悩まされている方、
おそらく本を購入して実践されているかと思います。(私もそうでした。)

 

ただ、本だと正しいスイングのイメージがわかりにくいです。

 

そこでお勧めしたいのがこちらのスタック&チルト(左足一軸スイング)の解説DVDです。

 

本だと正しい動きがわかりにくいのですが、映像なら正しい動きをイメージしやすいです。

 

 

 

スタック&チルト解説DVDはこちら