ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

ゆったりスイングしてシャンクを直す

ピタっと止まったはずのシャンクが最近またチラチラを顔を見せるようになりました。

 

原因は分かっていてダウンスイングで上体が前傾したり伸び上がったりと
クラブがアドレス時のボールの位置に戻ってこない事が原因です。

 

要するにスイング中にバランスが微妙に崩れているのです。

 

では、なぜスイング中にバランスが崩れるのか。

 

その原因は「力み」です。

 

ここまで分かってるなら力を抜けよ!とツッコミが入りそうですが、
「力み」というのは知らず知らずのうちに出てくるものなのです。

 

練習場でナイスショットが出た後にミスショットが増えていくのは、
同じように打っていても徐々に「力み」が出てくるせいですね。

 

力みを取ってミスショットを減らす方法

 

力みが原因でミスショットが出る場合、ゆったりスイングする事をオススメします。
力んでる事に気づかい方も多いと思いますので、ミスショットが出たらゆったりスイングをしてみてください。

 

ここで言う「ゆったり」というのは、動きをゆっくりする事を意味しています。

 

通常のスイングで1秒かけてバックスイングしている場合は、2秒かけるイメージでバックスイングします。

 

ダウンスイングもバックスイングと同じスピードでスイングする事が重要です。

 

ゆっくり引いてゆっくり落とすと飛距離が落ちそうな気がしますが、
力みを減らす事で軸にブレが軽減され、結果としてヘッドが走る状態になります。

 

ドライバーが飛んで曲がらない事で有名な武藤プロも、あるゴルフ番組でドライバーの安定のコツを
テイクバックをゆっくりして同じスピードでダウンスイングすると話していました。

 

飛距離を出そうとすると力んでミスショットが多くなりますが、
ゆったりスイングをする事でミスショットの軽減と飛距離アップが同時に手に入ります。

 

シャンクにも効果的ですし、スライス、フックにも応用できますので、
ミスショットが出始めたらゆったりスイングを実践してみてください。

 

 

正しいスイングを身につけなければトラフルショットは再発する!?
正しいゴルフスイングの方法