ゴルフが上達した頃にで始めるシャンクを克服

ラウンド中のシャンク対処法

ラウンド中にシャンクが出てしまったら対処療法で乗り切るしかありません。

 

シャンクが止まらなくなったら以下方法を試してください。

 

フェイスの先端部分にボールを置く

あくまでも対処療法ですので、根本的な解決になりませんが、ラウンド中の対処方法として、
アドレス時にボールがフェイスの先端にくるように構えます。
シャンクの原因は様々ですが、結果としてネック部分にボールがヒットしていますので、
通常よりボールを遠くに置いてショットしてみましょう。

 

この時、フェイスの先にボールを置いている事を意識せず、通常通りスイングすることがポイントです。

 

右足を引いて打つ

シャンクの原因の1つに足の使いすぎがあります。
とにかく足の動きを殺して、1軸でスイングをしてみてください。

 

足の殺し方は、右足を後ろに引いてスイングしてもいいですし、スタンスを極端に狭くして棒立ちでスイングします。
正直かっこ悪いですしラウンドも楽しめませんが、シャンクが出るよりマシと割り切れる方にはおすすめです。

 

左脇を思いっきり閉めてカット打ちする

インサイド・アウトのスイングや右肩が下がったりするスイングの対処方法になります。
左脇を意識的に閉めて、刀を切るイメージでカット打ちしてください。

 

 

何度も言いますが、上記で紹介したことは対処療法でしかありません。
シャンクを治すには正しいスイングを覚えることが必要です。

 

シャンクの直し方はこちら