ゴルフが上達した頃にで始めるスライスを克服

スライスとは?

スライスとは

 

スライスとはドライバーショット、アイアンなどでボールがまっすぐ飛ばなく、右に大きく曲がる事です。

 

特に初心者に目立つのが、ボールを右に曲げる事です。

 

このボールが右に曲がることを「スライス」と呼んでいます。

 

右に曲がる人を”スライサー“といいます。逆に左に曲がることをフックと言い”フッカー“と呼ばれています。

 

フェードとスライスの違いはボールの曲がり具合で、
フェードは打ち出しからやや左方向に飛び出しターゲットに向かって右斜めにボールが落ちていきます。

 

初心者の方の99%はフェードではなくスライスですので、
まず自分は、スライサーかフッカーかを知ることが大切です。

 

初心者は初めてのクラブを持った時、遠くに飛ばそうと力みが入り、体を大きく動かそうとするものです。

 

スライスには様々な原因があり、グリップやスイングそのもの、力み、ゴルフクラブなど
複合的な要因でおこってる可能性が高いです。

 

ドライバー、アイアンでそれぞれスライスになる原因がありますので、
スライスの原因を一つずつみていきましょう。

 

スライスの原因はこちら