ゴルフが上達した頃にで始めるスライスを克服

ゴルフ スライスの直し方

スライスの直し方

 

スライスの原因は2つあって、スイング軌道がアウトサイドインで擦り球が出る事と、
もう1つはフェイスが開いたままインパクトしてしまうことです。

 

アウトサイドインの矯正方法

 

アウトサイドインの原因の1つに軸のブレがあります。
体重移動を意識しすぎて、テイクバックの時には右に軸がぶれて、
ダウンスイングからは左に軸がぶれる方は少なくありません。

 

私はスタック&チルトという左足一軸でのスイングを実践していますが、
意識的な体重移動は全くといって必要なく、左側に軸を意識してスイングを行います。

 

軸が1つしかない分、スイングがぶれる事が少なくスイートスポットにミートする確立が上がる為、
結果飛距離も出ることになります。

 

話が少しずれてしまいましたが、ゴルフスイングに意識的な体重移動は必要ありません。
体重移動をすることで軸がぶれ、テイクバックでクラブがアウトサイドに動いてしまいます。

 

アウトサイドインの直し方は軸をしっかり意識することが重要です。

 

でんでん太鼓をイメージするとわかりやすいですが、軸を意識して回転するとクラブが体に巻き付き自然とインサイドにクラブを引くことができます。

 

軸を意識するドリルは足を揃えてスイングする練習方法がおすすめです。
足をぴったり揃えてスイングすると体重移動ができないため、アウトサイドインのスイングになることがありません。あくまでも軸を意識するための練習ですのでフルスイングではなく、ハーフスイングで打ってみてください。

 

フェイスが開いたままインパクトを矯正する方法

 

フェイスが開いたままインパクトする原因はいくつかありますが、初心者の方に多いのはダウンスイングからインパクトにかけて左側にスエーしてしまうのと、
グリップがウィークすぎるという2点です。

 

まず左側へのスエーですが、アウトサイドの軸の話と共通でゴルフスイングはテイクバックからフィニッシュまで背骨を中心とした軸で回転します。

 

過度な体重移動をしている方は、テイクバックで右に軸が移動してダウンスイングからインパクトにかけて反動で左に軸が移動します。

 

その結果左側へスエーをしてクラブのヘッドが戻りきれずに開いたままインパクトを迎えてしまいます。
ハンドファーストを意識しすぎてもこのような状態になりやすいです。

 

左側のスエーの矯正方法として、左側に壁を作るというのがありますが、左側に壁のイメージがつかめない方も多いと思います。

 

私の場合は正面で打つ事を意識しています。

 

ボールを真ん中、もしくは少し左側に置きボールからずれないようにテイクバックして、ボールの正面で打つことを心がけています。
ハンドファーストは意識する必要はないと思います。
足を揃えて打つドリルは左側へのスエーにも有効ですのでぜひ試してみてください。

 

正しいグリップの握り方、軸の考え方など正しいゴルフスイングを覚えないと何度も同じミスを繰り返してしまいます。

 

部分、部分を修正するのではなく、全体として正しいスイングを学んでください。

 

[関連記事]
グリップでスライスを解消する方法
クラブ選びでスライスを解消する方法

 

正しいゴルフスイングを身につける方法